<   2005年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

またも更新が・・・・

実生活がゴタゴタしている為、落ち着くまで不安定な更新になります。以前の停滞中より更新ペースが空くかも知れないですし、そうならないかもしれません。落ち着いたらまた安定的に更新を始めます。あ、別にブログをやめるつもりはないっす。既にいただいているコメントに関しては折を見て返信させていただきます。
[PR]
by zetumu | 2005-03-29 12:26 | 一言いろいろ

人探しに協力すること

mimimarutaro 様
あざらしサラダ 様

こんばんわです。コメント嬉しく思います。
3/26にリンク元の方が写真の掲載を止められたようですので、それに伴い私も写真を削除しました。しかし、これによりあっしの判断が間違えであった可能性が高くなったような気がしてます。mimimarutaro 様が言われている通り、協力されている方の意思が見えないのも原因ですが、それよりもリンク元の方の意思が見えないことに問題があるように思います。私が協力を決めた理由の一つがリンク元に写真が掲載されていたことです。そこからリンク元の方の本気が感じられました。それを無視することができなかったので私は協力しました。しかしながら、3/26リンク元の方は写真を削除されました。私は別に写真の削除が悪いと言っているわけではありません。リンク元の方がいろいろな方からの意見を聞き判断した結果として、掲載を止められたのですから必要な措置なのだとは思います。ただこの場合、是正が利く、効くと考えて良いものでしょうか。。もっと言うと、これは簡単に是正が、というより修正が?許されて良いことでしょうか。

・・・今回はさほど問題は無いかも知れません。でも、たまたま今回はそうだっただけなのではないでしょうか。私は「個人の判断で写真を掲載し、助力、力を求め、それが叶い、その後に判断が誤りであったことがわかり是正し、写真を削除する」こういう力が、こういう流れが、これが許されるという考え方が非常に危険だと思います。今回に関して言えば、私も間違えた力を振るってしまったような気がします。とても反省してます。ただ、こういう力が良い方向に働いた場合までは否定したくないです。それが私の思いです。これまで否定してしまうと、参加型や双方向の考え方の全てを否定してしまうような気がしてしまいます。

今回、リンク元の方が写真の掲載を止めなければ、私は反省まではしなかったと思います。良いことをした とはもちろん思えませんが、悪いとも言えなかったと思います。でも、安易に間違った力が振るえるこの環境を肯定するのは私の中では難しくなりました。力をふるう人、一人一人が何の覚悟も持たない状況でこれだけの力を行使できる環境を肯定するのは困難です。しかし、覚悟を持たせる方法は色々あるでしょう。簡単なところであれば実名の掲示を義務付ける というのもありだと思います。ネットの特性を殺すわけです。・・・もちろん、こんなことが正しいわけありません。

すこし前に はてな と ライブドア でそれぞれ違う方法でこういうのネットの現状に取り組もうとしていた動きがありました。ライブドア はちょい違いますが。確か はてな は情報公開を ライブドア は権利の委譲?(厳密には違いますが)をユーザーに求めていたと思います。私はこの時に どちらも嫌だ と発言しました。また でも、どちらも嫌だというのは何かズルい とも発言しました。こういう件があると今まで以上にズルい(実際には違いますが、一言で思いを込めるとこうなります) と思ってしまいます。この部分を修正する方策がなければ、ネットを用いた 双方向 参加型 を全面的に肯定するのは危険過ぎます。もちろん、ほとんどの方はこの問題に気付かれていると思います。それならば、そこまで心配することではないかも知れません。でも、これからネット、もしくは既存メディアを主軸としたネット環境が一般的になっていくにあたり、万人(現在、TV等、ネットよりも簡易に情報を取得できるメディアを利用している方)が情報の受発信を行えるようになった場合に、たとえ少数派であったとしてもその環境を全面肯定する方がいれば、それだけで危険なことではないでしょうか。

今日、私は知り合いに一つの質問をしました。今後、現在の状況(キーボード、マウス等のインターフェイスを用いてPCを扱う状況)が続いたとして、子供さんがPCを扱えるようになる年齢はどれくらいか と。知り合いの答えは 小学1年生くらい との答えでした。私としては現在の環境であれば、小学3年くらいだと思っていたのですが、 幼い頃からその環境に置かれれば、それくらいで使えるようになる と言われました。英語にしてもそうでしょ。 と。ああ、そうかもな と思いました。これは飽く迄、現在の状況が続いた場合のことです。この環境が変わり、万人が簡易、容易に情報の受発信を行えるようになった場合、3歳頃からネットの環境に身をおくことも考えられます。そうなってくれば当然、現在のネット人口とは比べものにならなくなります。その現在とは比べものにならない環境で 双方向 参加型 を全面的に肯定する少数派を無視できるか。無視して良いか。例え少数派であっても、そう考える人が居る そのこと自体が危険な気がしてなりません。

また、私自身、その予備軍にあることを今回の件で思い知らされたような気がします。誰かの一言で (監視の)目が起きる そういう世の中に対する認識がまだまだまだまだまだまだ甘いのだと思います。

ある一つの記事があったとして、それに対して誰かが意見を言い、また誰かが反対意見を言い、最終的に何かを思うのは情報の受信者でその正否を判断するのも受信者で。今までTV等により情報受信するだけの楽を味わっていた私のような輩が簡単に正を得られるのかどうか。・・・ある一つの商品があったとして、誰か知らないどこかの人が悪い評判をたて、それを支持する人がいて、確かにある点には問題があるのも事実、しかしそれを誇張するあまりに、多くの良い点が隠されてしまう。そういうこともあり得る。ある会社がある。日頃からとても評判の良い会社だ。ただ一つのちょっとしたミスをしてしまい。本当に些細な。とある一人のいいがかりのようなクレームからそれを支持する人が多く現れ、情報は誇張され、会社の評判は地の底に落ち、事業縮小をする羽目に。ある一人の人がいる。町でも有名な正直者。その人が些細な本当に些細な嘘をついて、その些細な嘘によりある人の心が傷つけられ、そのこと(自分がどれだけ傷付けられたか)を誇張し情報を流布する。それを支持するひとが正直者を非難する。嘘を付いたことは事実。しかし、実際には本当に些細な嘘でもそれは見えない。いつしか誇張された情報こそが正となってしまうかも知れない。

このような事象すべてにおいて

後から情報に誤りがあったことが発覚する。是正が利くものか?全てが元に戻るか?謝罪すれば正せる事柄か。

※ 以下の メディア は TV等の媒体としてのメディアではなく、TV等における報道 のことです。

・・・私はこういう社会が怖いのです。おそらくそのほとんどは私の妄想だと思います。でも可能性は0ではないと思います。参加型 双方向 その環境を望まれる方であれば、こういう事柄を踏まえた方策を考えるのは急務なのではないでしょうか。情報の正否を追求する機関も必要かも知れません。得られた正の情報を大いなる責任を持って、正として大衆に発信する機関も必要かも知れません。これらは既存のメディアでもやろうと思えばできることであると思います。それこそが今後、既存のメディアに求められていることではないでしょうか。あざらしサラダ様の新規記事を読み、改めてそう思いました。

今回、行方不明の娘さん探しに協力するにあたり、私は知り合いに意見を求めました。 勝手にやればって感じ と言われました。奴の名誉の為に補足しておきますと、考えなく発言したものでは無いです。私が伝えた情報から判断した結果の返答です。即刻この返答ができるのが凄いと思いますが。私は奴には一生かなわんでしょう。いろいろ。これはある意味正しいと思います。リンク元の写真が取り下げられていない時点では どちらとも言えない という思いが正しい反応だと私は思います。ですが、私は協力を選びました。今の状況を考えると

問題ある やや問題がある どちらとも言えない やや良い 良い

やや問題がある に当たる行為であったと思います。この件に関してはこれからも悩みたいと思います。参加型 双方向 その考え方の全ては否定したくないですから。・・・行方不明の娘さん探しのエントリーは日付を戻します。


追記:あざらしサラダ様へ

こんな内容ですがトラックバックして良いですか? 少し内容が外れるような気がするので。
良ければ現在投稿されている記事【メディアの公共性について考える(2)】にTBさせていただきたいと思います。
[PR]
by zetumu | 2005-03-27 02:01 | 一言いろいろ

高齢者虐待の定義

高齢者家庭内虐待から守れ 世田谷区が対応マニュアル

記事だけではわからなかったので、PDFのマニュアルも少し読みました。「高齢者虐待の定義と分類」の「心理的虐待」に書かれている「具体的な例」に類する行為を行っていた覚えがあります。祖母は認知症(ぼけ)でした。その言動全てに対して反応することは私にはできませんでした。今もできないと思います。意図的に言動の多くを無視します。これも虐待ですか。そうですか。このマニュアルを作った人は介護経験があるのだろうか。他人の ではなく、親類の。家族の。確かに書かれているほとんどのことは虐待に関わる内容だと思います。思いますが、親類の介護を行ったことない輩はこういうのを書く資格は無いです。繰り返しますが、私が見ても虐待だと思われる内容がほとんどであることは認めます。でも、当事者でなければわからないものも中にはきっとあります。

高齢者虐待対応マニュアル
[PR]
by zetumu | 2005-03-25 14:57 | 一言いろいろ

医療だけでなく

電気刺激で寝たきりでも足の筋肉量9割維持 大阪大病院

医療も確かにそうでしょうけれども、宇宙飛行士注目の器具?技術?だと思うっす。
[PR]
by zetumu | 2005-03-25 12:00 | 一言いろいろ

ピクニック気分を楽しめない球場

飲食物持ち込みアウト 楽天がフルスタ観戦ルール

こういうの。ファンの人はともかくとして、現地の人はどう思うっすかねえ。
[PR]
by zetumu | 2005-03-25 11:39 | 一言いろいろ

できれば ご協力下さい



・・・が、まだ迷ってます。3/25現在。
近日中に削除する可能性大です。もう、協力してるので遅いのですが。ぐむぅ。


正直、物凄く迷いました。困りました。心底悩みました。
が、私も協力させていただくことに決めました。

下記は つぐみ、どこにいるの? より 娘を捜しています の転載になります。





小学5年生11歳の娘が3/16から行方不明になっています。
平成17年3月16日水曜日、夕方、仙台駅前LOFT近くで友人と別れたあと、自宅に戻っていません。
このとき、家出をしたいと言っていたそうです。
警察や学校の先生なども気にして探してくれていますがまだ見つかりません。
立ち寄り先もなく、行方が大変心配です。




名前は羽田つぐみ。当て字で亜魅と書くこともあります。
身長150センチ弱、体重40kgくらい 色白でどちらかというと痩せ形、黒髪で短めなストレートヘアで多分お化粧をしています。
小学5年生にしては大人びて見えるかもしれません。
当日の服装は、ベージュのコート、チェックのミニスカート、焦げ茶のロングブーツ、ペンダントやイヤリングなどのアクセサリーを身につけていました。
額から左眉にかけて縦に子供の頃怪我をした傷跡が薄く残っています。
お心当たりの方は、下記連絡先までご連絡ください。どんな些細なことでもけっこうです。
どうかよろしくおねがいします。
仙台南警察署 生活安全課 022-246-7171
haneda@harurun.net









はじめに元記事を読ませていただいた時は「是非協力したい」と思いました。
よせられているトラックバックを見て この力は凄いな とも思いました。

が、同時に 怖いな とも思いました。

今でもまだ迷ってます。
それでも、この力が良い方向であることを願い、ここに掲載させていただきます。
協力するからには(現時点では)こういう力を肯定したいと思います。
正直、今もまだ悩んでます。

ミヤギテレビニュース 小学5年の少女行方不明
小5女児が行方不明、Blogで情報提供呼び掛け ~ITmediaニュース~
[PR]
by zetumu | 2005-03-24 16:40 | 一言いろいろ

公共性

ライブドア メディア観が問われる ※日付が変わったことによりリンクズレしてたので、3/24に修正しました。

記事内容からでは何をもって「公共性」と言いたいのかがあっしには読み取れません。なんでだろ。現メディアに公共性があるとは思えないからなんかなあ。

記事にある「本当に大事な情報はだれでも拾えるように転がっているわけでもない。損得を度外視しても真実を追求する気概と努力によって情報は発掘される」 ってのには同意。でも「メディアは情報を取捨選択せず流せばよい。判断は国民がする」 って方向性にも賛成。両方に賛成でも間違えてないと思うのだけれども、どうだろう。

「ただ流せばよい」ってのは問題だけれども「取捨選択せず」ってのは必要だと思う。記事にある言葉を勝手に借りるならば「損得を度外視しても真実を追求する気概と努力によって発掘される情報を取捨選択せず流せばよい」ってのがあっしの理想。現在のところ、難しいと思うけれども。今後は叶うかも知らん。ポイントは「発掘」の考え方かなあ。

数々の嘘から真を見出す。その過程でいらん情報を捨てていく ってのが記事に使われている「発掘」だとおもう。あっしが言ってる「発掘」は掘り下げる感じ。真実を、真実であると思う根拠をとことん掘り下げていく感じ。ここいらへんはあっしの性格もあるとおもうのだけれども。あっしが既存のメディアに期待してるのはここのとこ。

複数の情報から真を見出すような篩にかける役でなしに、篩にかけられた後の情報からその根拠をとことん掘り下げていく役目。こういうのを既存メディアでやってもらいたい。要は民の足代わりをやってもらいたい ってことなんだと思う。篩にかけるのが一般大衆でそこから抽出された情報の真偽を確かめ明確に示すのが既存のメディア。そういう構図。一次情報の提示に関してはどう足掻いても一般大衆ではジャーナリストの方々を抱える既存のメディアにかなわんと思うし。そういう民の足であってこそ、公共財、公共性のあるメディアと言えるんでないかな。なので、あっしは既存メディアも必要だと考えます。
・・・監視社会は嫌だけどねええ。そう考えるとこの考え方も問題かなああ。
[PR]
by zetumu | 2005-03-23 15:49 | 一言いろいろ

こういうの大きく報じましょうよ

架空請求の少額訴訟、「極めて悪質詐欺」と賠償命令

こういうの大きく報じてくれれば少しは減るを思うのだけどなあ、同一手口の架空請求。あっしの元に来たら同じ様にやってみようかな。・・・損害賠償はともかく、対抗策としてね。
[PR]
by zetumu | 2005-03-23 14:38 | 一言いろいろ

めも

小学館とBIGLOBE、50代以上を対象に「おとなのたまり場 ボンビバン」を開始

4/7になったら検索してみます。コンテンツタイトル忘れないようにメモ。おもしろそうだし。
[PR]
by zetumu | 2005-03-23 14:25 | 一言いろいろ

こういう現状もあるのですね。

高校生の4・7%が被害に/千葉県教委のセクハラ調査
『先生からセクハラ』20人に1人 千葉県教委 全県立高生ら調査

複雑だなあ。またも、記事を鵜呑みにして書いていきますけども。
「191人が成績や進路を「人質」に接触や性的関係などを求められたと回答」とありますが、こういう教師をいつまでのさばらせておくのでしょうか。調査だけに留まってることが信じられません。191人全員が同じ様な回答したとは限りませんが、確実に内1人は記事内容と同様の回答をしたのではないかな。・・・ほっとくの? こういう職員。教師と言うのももったいない。そりゃ学校なんぞ行きたくなくなるよなあ。大人なんぞ信頼も、信用ですらできなくなるよなあ。ただね、「どこまでが」 って程度は難しいと思うのですよ。後半の記事内容。

①必要もないのに体を触られた  1281人。
②みんなの前で容姿を話題にされた 923人。
③性的な話を聞かされた 797人

こういうのは程度の問題だと思うっす。①は普通に、ただ単なるスキンシップだって多いだろうし。そうで無い場合と半々位?。②がセクハラなのかどうか今一?だし。③は個人的には即刻セクハラ認定したいとこだけども、話をしている教師本人にその自覚があるのかどうか。自覚がなければ良い ってことでも無いだろうけれども、最近の生徒さんに合わせて話していると、会話の流れによっては仕方ない気がする。そういうのもあって、 797人 って結果なんだと思う。③を嫌がる人が以外に少ないことのが個人的にはちょっと驚き。この中ではもっともセクハラであると思うのだが。ここいらへんに関しても今度考えてみたいっすね。で、まあ、それはおいといて、何でもかんでも、セクハラとする最近の傾向にはあっしも問題があると思います。多くの人が思うように。

個人的にはこの結果を受けてどう対応してくれるのかが気になります。最近の小学生は頭に手を置いて 「よしよし」 とするだけでも、セクハラ と言い出す見たいですし。知り合いが言われてるとこを時々見かけますが、ああいうの見てると何がセクハラだかわからなくなります。きっとこういうのも①に入ってるのだろうし。何か最近言われているセクハラは「異性が関わる不快に思うこと全般」みたいな拡大解釈をされてると思うのだけど、気のせいだろうか。

ここからちょっとわけかわらないこと書きますが)性別に関わる嫌がらせ全般が セクハラ になるんかな。と、相手にその意識が無い場合の行為についてはどうなんだろ。受ける側がどう感じるか?嫌がらせと感じればセクハラ?感じなければセクハラでない。セクハラかそうでないかを決めれるのは受ける側次第なんかなあ。とは言え、意識のある、無いをどう調べるのかがポイントですよねえ。そこいらへんを第三者の評価に頼るとしても曖昧になるでしょうし。それが正しいとも限らんし。と、現状を容認せざるをえない気がしてくるのが怖い。ただね、行為者が「性別に関わる嫌がらせ」の意識無しに行為を行っていた場合、「その行為者が嫌いだから」とか「男or女だから」とかそういう理由でもって、行為を受ける側が「セクハラ」とか訴えるのには納得が行かない。この場合「セクハラ」とか訴えてる側がむしろ「セクハラ」だと思うのだがどうだろう。知り合いの事務所に行って、そこの生徒さんと接している知り合いを見てるとつくづくそう思う。

別段、 セクハラのラインを引け 等とは言わんけれども、 セクハラというより、ハラスメント全般の教育を諸先生方にはお願いしたい。その上で、意識的にハラスメントを行ってる輩の排除方法を思案していただきたい。でないと、自分の首を絞めることになるんでないかな。現状みたいに。先生方も大変なのだろうねえ。成績や進路を人質にする輩は万死に値するけれども。

追記

後から東京新聞でも記事発見。男子、女子含む調査だったようですね。一部修正しました。と同時に反省します。
[PR]
by zetumu | 2005-03-23 14:10 | 一言いろいろ