部分禁止でどうだろう?

携帯注意し逆ギレされる 電磁波研究の東北大助手

最近この手のマナー関連の話もよく耳にするっすね。「携帯電話のマナーを守りましょう」、「車内ではマナーモードに切り替えましょう」「優先席では電源を切りましょう」等々。いや、わかりますよ。これらの事柄が守られた方が良いのは。でも、言うだけでは無駄だと言う事にそろそろ気付いた方が良いと思うのだけれど。かと言って、記事中にあるような「携帯電話禁止車両」をただ作れば良いかと言うとそうでもないでしょ。一方的に「禁止」しても反感呼ぶだけだろうし。なので、最終的に「禁止」になるように仕向けていくことが大事なんじゃないかと。あっしなんかは思うんです。そうっすね。例えば、携帯電話の機能の部分的な「禁止」を訴えていくとかってのはどうでしょうか?それを社会全体に広める。まずそれが必要なのではないかな。まず「着信の禁止」。「車内での着信は禁止されています」。一昔前は携帯電話など無かったのだから、当然と言えば、当然。携帯電話の電源を切れない方の中で「仕事に必要だから」とか言う人。一昔前は使ってませんでしたよね? それが、なんで必要になってしまったかと言うと、「発信者」が考慮しないからです。「着信履歴に残れば、後で掛けてくる」とかそんな風に考えてるからです。で、受け側はそれに合わせて構えてしまってるわけですね。「発信者」が考慮していないのですよ。ちょっと前なら受信者側が地下鉄に乗ってることが予めわかっていれば、「今、確か地下鉄乗ってるから電話掛けても無駄だ」とか諦めてたんじゃないですか? 今はその前提する崩れかけてますが。「地下鉄でも着信可能」こういうキャッチフレーズ。これこそが、諸悪の根源だとあっしなんかは思うんです。なので、あっしは受信者側のマナーを呼びかける前に、車内に電話を掛けないように発信者側に協力を促す必要があると思うんす。なので、何が問題なのかを民に気付いてもらう為にも、部分禁止からはじめるのが良いと思うのです。携帯電話使用不可。じゃあ、発信者側に伝わらないですから。ところが、これを「携帯電話での着信不可」に変えると、「じゃあ、電話掛けちゃいけないのかな?」って気になる。いや、ならない人もいるかも知れませんが、少しはなるでしょ。・・・・・なるよね?・・・・またあっしの世迷言ですか? 何にしろ車内で「受けない癖」をつける。ってことと、車内では「着信できない」ってことを周囲の人にわかっといてもらわんと。いつまでたっても解決しないんじゃないかなあ。まあ、あっしは携帯電話を持ち歩いてることがほとんど無いし、周囲もそれを分かってるのであまり関係ないのですがね。

追記:
あっしの場合、エスカレーターを歩かない癖は付けたほうが良いかも知れないですね。急いでる人は階段へ みたいな感じで。階段を使うよう心掛ける必要はあるっすねえ。それにはまず、エスカレーターを利用したほうが良いと思われる方に率先して乗ってもらうように促す。そうすれば、あっしみたいな「エスカレーターを歩きたがる輩」は肩身が狭くなってエスカレーターを歩きにくくなるはず。と、自然に階段を使うようになるかも知れないっすね。

9/5おもしろ対応策なのでなんとなくリンク → 嫌な煙にイエローカード
[PR]
by zetumu | 2004-09-01 21:01 | 一言いろいろ
<< 非常に分かり難いです。 マイワシ も くじら になるか... >>