人の不幸は・・・・・

今日の通勤時にふと思ったこと。

あっしなんかだと、
映画や小説のバッドエンドで終る作品とかを見ると、なんか胸の中に変なしこりが残るような感じがして、
なんかしらの不快感が残る。

だけれども、お笑いのネタとかで人の不幸話を聞くと、ついつい笑ってしまったりと楽しい気持ちになったりする。

それって
言葉や文字によって、視点を操作されてるからなんだな と。今更ながらに気付いた。
主観的視点と客観的視点。どちらか一方のみで見るように操られている気がする。

あっしの父親なんかは「お笑い」が嫌いだという。
主観的視点(当事者視点)から見ると、変だと思うことはあっても笑うことはできないのかも知れない。
主観的視点から見させない「お笑い」の技は凄いものだなあ。と。ふと思った。
と、同時に自身の想像力の欠如を痛感させられた。
・・・・そんな朝の一時。
[PR]
by zetumu | 2004-09-01 11:39 | 一言いろいろ
<< 何かグーグルが変わったなと思えば Hagaki PC >>