情報を信じて死にたくはありませんが

地震防災、方針転換を国民に示せ(8/31)

地震の直前予知はほぼ無理みたいですね。報道されてる情報も無視した方が良いみたいです。いつ、どこで大地震が起こっても不思議ではなさそうです。日頃からの準備、気構えが大切そうですね。あとは情報を信じ過ぎないこと でしょうか。いや、まあ「信じない」ってのは行き過ぎでしょうが。でも情報を正しく受け取るってのは難しいですよね。出版物とか特に。パソコン関係とかだとさらに。タイムラグがあるんですよね。出版物って。なので、本の中の最新が現時点での最新とは限らないわけです。そこいらへん前に注意されたことがあります。災害時のマニュアルとかも以前と比べるとかなり変更箇所があるようです。これが正しい情報とはいわないけれどもね。まず、火の元栓を閉めるとか、そういうの。ここいらへんが変更されて、まずは身を守るになってたりします。当たり前といえば当たり前かも知れませんが、災害時に以前のマニュアル通りに行動してたら死ぬかも知れませんし。そこいらへん確認だけはしといてもいいかも知れませんね。まあ、災害時にルール守って行動してたら、それだけで死ぬ可能性もありますが。しかしながら、「知識」としてもっておく必要はあるとは思います。正しいとか間違ってるとかは別ですよ。それっぽいところを下記にリンクしときます。

総合学習『もいちどチェック! 防災マニュアル』のステップ
[PR]
by zetumu | 2004-08-31 12:45 | 一言いろいろ
<< Hagaki PC 災害ダイヤル 再投稿します。 >>