動物の売買かあ。どこか腑に落ちないなあ

改正に向け見直し作業 ペット売る人・飼う人、規制強化

別に問題視するほどのことではないのかも知れない。でも、どこか腑に落ちない。動物を売る人。動物を買う人。完全に物扱いのような感じがどうしてもしてしまう。命の売り買いってのはちょっと言いすぎだろうけれど。「売る人」はどういう意識を持って売るんだろう? やっぱりお金が欲しいのかな。動物が「ペット」になると「飼い主」の「所有物」として扱われることにも問題があるのかも知れない。だからこそ売れるのだろうし。「買う人」はどういう意識をもって買うんだろう? 特に血統書とかに拘る人。わけわからん。何が違うのか不明。「飼いたい」から「買う」ってのはわからなくはない。わからなくはないけれども、お金を払う必要があるのかどうか。まあ、必要だろうけれどもね。需要と供給のバランスが取れている限り、こういう動物の売り買いってのは続く。きっと。でも、需要が絶たれたらどうか? 少しは減るんじゃないかなあ。売る人。ってか、売るって考えが変と言えば変。どちらかと言えば、動物の命とそれに伴う責任を譲渡するのだから、お金を支払うべきだと思うのだが。・・・・ちょっと行き過ぎた見方ですね。これは。すんません。ただね、血統書とかに拘らずにパートナーとしたい動物を飼いたいということであれば、まずは保健所に行ってみるべきだとあっしなんかは思うんです。ただ、現状では保健所に保護(名目は)されている動物さんは動物さん自体にも問題がある場合もありますので、その点何とも言えないところですが。なので、このへんどうにかして行くべきなんじゃないかと。
えーと。じゃあ、こんなんどうでしょう。「野良動物さん」を保健所で保護して、治療が必要な動物さんは治療して、問題がある動物さんは躾て、ペットショップに「買ってもらう」で、ペットショップは「パートナーとしたい動物を飼いたい」と思っているであろう、お客さんに「買ってもらう」。保健所→ペットショップ→お客さん→心無いお客さんがペットを野良動物へ→保健所・・・・エンドレス。みたいな。どうだろう。確かにこの過程でも「売る」という行為自体は存在するけれども、このやり方なら「保健所」で殺される野良動物さんは減ると思うのだが。まあ、これも実は嘘で固めた人間都合で。自分勝手に野良動物さんが不幸だなどと決め付けるのはおかしいよねえ。でも、「物」のように捨てられて、野良動物さんになって、その後、保健所で殺されるってのは幸せだとは思わないなあ。市場ができあがっている以上、「保健所」で殺されて一生を終える動物さんはきっとこれからも増えるのだろうけれども。なんかやるせない。リンク先記事中、「ペットは人生の伴りょとしても欠かせない存在になってきている。」といっている割には「チップを埋め込んでもペットには無害で、盗難防止にも役立つ。保健所に読み取り機を導入するなど、国や自治体は普及に取り組んでほしい」とか言ってる。発言者は全然別だけど、何かおかしい。ICチップを埋め込む。完全に「物」扱いだ。「物」扱いの動物を増やすような発言をしながら「日本動物愛護協会」とか名乗ってる。何か納得行かない。名札を付ける等の対応が必要なのはわかる。わかるけれども、ICチップかあ。何か別の方法は無いもんかな。

追記:現状でも保健所の動物さんには何らかの印は付けられてましたよね。確か。
[PR]
by zetumu | 2004-08-30 15:45 | 一言いろいろ
<< こういう試みは好きです。 日替わりのパン屋さんがあったら... >>