お金の問題はこの際、置いときましょう

8月23日付・[車リサイクル]「懸念すべき問題が多すぎる」

天下り先がどうのとか。そこいら辺はこの際、置いときましょう。気になるのは

メーカーはすでに、リサイクルコストを下げるため、解体や処理しやすい車作りを始めた。

↑の一文。解体や処理しやすい車!?耐久性は本当に大丈夫なんだろうか。頼むから自社の利益重視にだけはしないでもらいたい。少し高いお金払ってでも「解体し難い車」のが安心できる。あっしは車は乗らない。心配のし過ぎなのだとも思う。でも、他者が運転する車に乗っけてもらうことだってあるわけで。完全に人事というわけでもない。
・・・死にたくはないっすねえ。知らずの内に「危険(死)」が近づいてきているような気がする。最近。いや、「死」ってのは極端かもしれませんが。
[PR]
by zetumu | 2004-08-23 15:42 | 一言いろいろ
<< 問題は時間です。 結構恐ろしいことです。 >>