カウンセリングを受けようとも考えない人こそが問題なのでは

幼稚園にもカウンセラー 文科省、来年度から

良いことであるとは思います。しかしながら、どうゆうシステムにするかにかかってます。そもそも、「カウンセリングを受けよう」と考えることのできる親御さん方はさほど問題はないと思うのです。カウンセリングを受けなくても。この場合、問題なのは頑なにカウンセリングを拒否する人。まあ、心の中見透かされたりってのは嫌だし、誰かの指針に従うってのが必ずしも良いとは限らないけれど。受けるべき人が受けない状態ではこの制度を創設する意味はないわけで。どうせなら、一斉授業方式をとって、その後に個別にカウンセリングを受けさせてった方が良いかもしれない。そうすれば、カウンセリングが必要な人とそうでもない人の判断がつくのではなかろうか。まあ、どうしょーもないカウンセラーにあたったらアウトですが。人の心を覗き見て自分の思ったとおりに動かしたがるような。そんなにはいないと思いたいっすけどね。
[PR]
by zetumu | 2004-08-20 17:51 | 一言いろいろ
<< 昼食時に思ったこと なんか凄そうです。 >>