どっちもどっちだなあ。

退学処分:「生徒放り出すな」都中学校長会が私立中を批判
公立側の方が言ってること(私立中批判)はわかるが、不満理由はちょっといただけないと思うっす。
相変わらず記事鵜呑みにしますが、

「転入生の精神的ダメージを回復するのに大変な配慮を要した。いじめがないよう対応するのも難しかった」

ってのはどうかと。転入生関係無く、責務じゃないでせふか。こういうのは。個人に対して特別に配慮するのがよいかどうかも疑問です。個人でなく、生徒全員に対しての配慮の場合、やっぱり先生の責務のようなものだと思うのだけれども。「いじめがないよう」どう対応しとるのかが気になるところではあります。いや、先生が悪い とか言ってるんでなく、学校が学校を批判するってのが分るようで、よう分らんのです。

いつも思うのだけど、親御さんに責任を求めるのはタブーなんでせふか。全てとは言わんが。
私立中を選ぶ子供さんは自分の意思、意志をもって私立中を選んどるんだろうか。
親が・・・ ではな無しに。
中学だと年齢が年齢なので難しいかも知らんが、
私立中を望むなら親御さんの意思関係無しに選択してもらいたい と思う。
そこに親御さんの思惑が絡むかぎりには親御さんも責任を感じて欲しいと思うっす。
自分の意思、意志をもって私立中を望んだ子供さんはそう簡単に退学にならんと思うのだが。

学校←親御さん は強制力がわりと強い
学校→親御さん は場合にもよるが、普段は強制力が弱い ・・・強制ってのは変だけども。

学校側が親御さんを批判し難い、できない環境がそもそもの原因なのだろうけれども。
「公立不信」も結構ですが、偏差値等の数字だけ見て「私立信用」してると、そういう親御さん及び、子供さんしか集まらんから、そのうちに「私立不信」に陥るとあっしは思うっす。・・・もう、そうなのか? それなのに数字重視しとるのかな。学校の中身なんぞ関係無く、経歴だけを見とるのかな。そういう生徒さんを切る私立中学。・・・否定しようと思ってたのだけど、それだと一概に否定できないなあ。学校の質の維持の為ってのはわかる気もする。・・・でも、切るんでなしに他の方策もいろいろあるとは思うのだが。・・・親御さんに働きかける場がもっとあれば良いのに と思う。親御さんを生徒にしてしまえるような場。自校の理念に自信があるのならば、そういう場をもって親御さんに働きかける必要があるんでないかな。保護者会とかで無しに。中学の場合、義務教育であることを考えると 切る のは違うよなあ。やっぱり。
[PR]
by zetumu | 2005-03-15 15:11 | 一言いろいろ
<< 弱虫の新刊だあ♪ 日本語版 提供開始です。 >>