「礼」の意識と既存のマナー、現代マナー のメモ書き

あざらしサラダ様にいただいたコメントにより考え直してみた事柄のメモ書き


現代マナー=タバコ、ケータイに代表されるマナー
既存のマナー=食事の作法、行儀に類するマナー

とした場合に

既存のマナーは文化である。
現代マナーは文化で良いのか? 本当に文化なのか?


マナーによるプラスとマイナス
マイナスしか見ない考え方。


マナーによるプラス面が強ければ
率先して自発的な思いやりを見せれるのではないか?


マナーによるプラス・・・・
礼儀、作法の意義
既存の礼儀、作法と現代マナーの違い


マナーによるプラスに注視しない私。
何故?慣れ?
礼儀、作法を身に付けるのは人として
当然とか考えてる?


例えば箸の使い方。私は正しく使えない。
そのことによるマイナス面。


箸使いに関して周囲から注意を受けたとして

マナー違反なのは正しい箸使いができない私か。
私の箸使いを容認できない周囲か。

・・・明らかに私だよねえ。


おかしいのは、周囲に対して自然に
マナー違反を疑っている点。


マナーによるマイナスしか見えていない。
マナーによるプラスが見えない私。


マナーによるプラス
見苦しくない。 とかそんなんじゃなく

「礼」の意識を身に付けることにあるのではないか。

他者と比較せず、周囲の注意を受け入れ、身を正す。

このような意識が欠落しているからマイナス面にのみ
注視してしまうのではないか。


欠落した意識が生み出す、
排斥重視の現代マナーを文化として誇って良いのか。
何故「礼」の意識が欠落したのか。
「礼」の意義を教えてもらった覚えがない。私。


相手を敬い認め自然と頭が下がる容認の「礼」
物事(責任等含む)を棚上げせず、素直に頭を下げる謝罪の「礼」


これらが既存のマナーの意義だとした場合に
これらが欠落した現代マナーの意義は何か?

既存のマナーの意義を考えず、その意義を欠落させたまま
現代マナーと向き合った場合、
マイナス面のみに注視してしまうのではないか。

思いやり に関しても「礼」の意識が要になっていると思う。
「礼」の意識が失われた 思いやり は 思いやり と言えるのか。

見苦しくないよう、美しく振舞えるよう

それらは「礼」の意識を持った結果に過ぎない。

現代マナーは
「礼」の意識を持たない形だけのマナーになってはしないか。
「礼」の意識を身に付ける為の、「礼」の意識を持った
既存のマナーの意義を考えずに。

そもそもマナーは「礼」の意識を生み出す為に
必要な行儀だったのではないか。

「礼」が失われつつあることを嘆き
生み出された行儀だったのではないか。

にも関わらず「礼」の意義を省みずに
決まりごと のもたらす 思いやり のように
「礼」の意義が変革してしまった為、
「禁止の抑止」のように捉えてしまうのではないか。


既存の礼儀、作法を土台として、それに付随するように追加されていくマナー 文化
既存の礼儀、作法が変革され生み出されて行くマナー 文化??


おそらくはどちらも文化

ただ、「礼」を土台として「礼」を学ぶ為の方法として
増えていくマナーと

「礼」の意義を省みずに、その意識を欠落させたまま
思いやり という言葉だけの 思いやり で
その実はルールを遵守させるだけのマナーと

どちらが文化として誇れるか。


物事を棚上げしない心
相手を容認する心


↑二つを兼ねた「礼」=マナーの土台

現代マナーは「礼」を継いでいるか
「礼」が失われつつあるのではないか

欠落してしまった、表出しない「礼」の意識こそ
重要なのではないだろうか。
表出しない「礼」の意識を持たせる為の方策が
本来のマナーかも知れない。

前回の文章では 

表出しない「礼」=本来のマナー

のように考えていたけれども、

「礼」とマナーが上手く結びつかないことに気付いたので
再考してみました。
既存のマナーまで否定するような前回の発言は
ちょっと違うような気がしたので、変更してます。


余談:米国、中国では地下鉄、バスでケータイを使用するのは当たり前だそうです。
   私も知りませんでした。「礼」の意識が保たれるのであれば、
   こういう環境を保つこともマナーと言えるのではないでしょうか。
   少なくとも、欧米を真似て、マナーと称して決まりを押し付けるのは
   違うと思います。これはエスカレーターの話です。
   このマナーはどうにも自然発生とは思えない。
   その恩恵を授かっていることは確かなのですが。でもなあ。


情報ソース 東京新聞 みんなのデジタル 日本『迷惑』 米中『OK』
[PR]
by zetumu | 2005-03-15 13:18 | 一言いろいろ
<< 日本語版 提供開始です。 パチンコ・パチスロ依存症 >>