パチンコ・パチスロ依存症

怖い『パチンコ・パチスロ依存症』 業界が予防対策

パチンコ業者らが、自らこういうことに対して警鐘を鳴らすってのは非常に好ましく思える。また、その現状の重さを少しは認識しなきゃならんのだろう。そんな中、カジノ構想をすすめている東京。目先の利益よりも大事なもんがあると思うのだが。その大事なもんは大切にした方が、多くの利益を生むと思うのだけども。お金もそうだけど、それだけじゃなしに。掛け金、使用金額の制限とか、換金制限とかあれば良いのに とか思ってしまったりもする。ただ、これはギャンブルを行わない輩の「禁止、廃止」姿勢なので、全くもって正しくないです。でも、パチンコ・パチスロとかの場合、サービス利用者を完全会員制にすると良いかも知れない。で、「東京都遊技業協同組合」かなんかが各会員におけるデータを管理する。それにより、各個人の使用金額とかが把握できるようになり、依存傾向が強そうな方に対して「換金停止」もしくは「禁止」の措置を取れるようになれば良いかも知れない。ただ、あっしのように会員になるのを嫌う輩もいるので、そこ考えると業者にとっては難しいかも知れない。お客さんが極端に減ってしまうのも困るだろうし。・・・なんかないかなあ。

パチンコ・パチスロ依存症を予防するためのホームページ

↑パチンコ・パチスロに興味が無い方でも、一度は読むことをお薦めします。あっしも後で読みます。
[PR]
by zetumu | 2005-03-11 12:13 | 一言いろいろ
<< 「礼」の意識と既存のマナー、現... それは違うだろ!! >>