日本と海外 楽と便利

あのぅ 義務・・・ですか?
に頂いたコメントの返信を新規文章として投稿させていただきます。

tesoro 様

コメント嬉しく思います。

>ところで、~便利ですけどね。

あっしもケータイが嫌いです。とはいえ、必要なこともあるので携帯電話を持ってはいます。通話以外には使いませんが。

>アメリカでは~機種は珍しくありません。

最近は日本でも同様の傾向が見られますね。あっしは通話ができればそれで良いので、携帯通信機器(ケータイ)である必要は無いです。ケータイに移動型PC以上の価値を持たせようとしてるとこなんかも懐疑的です。最近では携帯を狙ったウイルスも多く存在するみたいですしねえ。怖くないんですかね。こういうウイルスとか。それに対するセキュリティを高める手段は不足しているようにも感じられますし。その現状でお財布ケータイとか よく使えるよなあ と思います。あっしは臆病者なのでこういうこと考えてると使う気にはなれません。それだけでなく、常に手元にPCが有る状態 というのが嫌 ってのもあります。・・・依存しそうじゃあないですか。きっと適応すべきなんでしょうが、あっしは臆病者で時代とは逆向きに歩く癖がありますので、 嫌 と感じます。

>が、しかし、~真髄を常に感じていたいものです。

そうなのですか。カメラ付きのケータイとかは日本的なのですか。特に気にしたことは無かったので、ちょっとトリビアです。いや、無駄知識でないので正確にはトリビアではないのですけども。・・・理由はなんでしょうかねえ。海外の場合だと・・・市場を荒らさないとか。

こういうごった煮ケータイ ってのは特定の専門機器が持っている市場を縮小させる原因になりかねない かなあ とかも考えられます。ケータイがあれば、MP3プレイヤーなんかいらない。ケータイがあればデジタルカメラなんかいらない。各専門機器の購入を希望する全ての人が そうだ というわけでは断じて無いけれども、(各専門機器の)購入希望者2割位は考えるかも知れない。と、市場の縮小に繋がることも考えられるかなと。んで、海外では暗黙の了解でこういうのを抑える為に ごった煮 にはしないのかも知れない。とも考えては見たものの穴だらけなのでこれは世迷言ですが。

で、本当のところですが、日本人の場合、道具に「自身の楽(らく)」を求める傾向があるような気がします。対して海外の方は「利便性」を求めるのかなと。今日まであまり考えて見たことはなかったのだけど、ある一つの道具に対して考えてみた場合に「楽」と「便利」って違いますね。今日まで「便利」に依存するのが良くない とか考えていたのですが、日本人の「楽」を追求する気質に問題があるのかも知れないです。よくよく考えて見ると、あっしには思い当たる節がちらほらあります。

特化した質より汎用性が高いものを望む。こういう傾向。特化した質は「異」であり、汎用性が高いものが「常」であるという考え方。ひょっとすると特化した質を忌避している部分もあるかも知れない。トリビア(多種多様な雑学的知識)が日本人にウケルのもここいらへんに理由がありそうですね。オタクに対しての考え方もそうかも知れない。海外ではオタクはCoolらしいですし。日本にいる限り信じられませんが。質より量 という考え方が(特定の道具に対しての)利便性の追求で無く、自身の楽の追及をすることに繋がっているような気がする。でも、じゃあ、特定の道具に対しての利便性の追求は 楽 には繋がらないのか ということになるのだけど、 ・・・繋がるよねえ としか応えられません。んじゃ、何が違うかというところだけども、いっつも書いてることと同様のこと書きますが、考え方の違いです。

汎用性(楽)重視で道具を作ったとして、質の良い道具ができるかというと、結構難しいと思う。でも、専門性重視で道具を作る場合、当然、質の良い道具が出来上がるし、中には汎用性に繋がる道具も出来上がるんではなかろうか。んで、この場合の汎用性こそが時代に必要な道具たり得ると思うのだけどもどうだろう。依存することなく扱える道具。「何でもできれば良い」というものでは無いと思うっす。扱いきれない道具は自身に対して不利益をもたらす可能性が高いと思う。あっしなんかは未だにインターネットも使いこなせていない状態ですし。そういう状態で「楽」な道具を使用すると、いつか不利益を被りそうな気がするっす。デジタルカメラにしても使いこなせている方がどれだけいるか。ただ、写真を撮るとかは誰でもできると思います。でも、その後の写真の扱い方。問題なく行えるかどうか。あっしはあんまり自身ないです。知らない内に法律とかに触れてそうだし。正直、「できる(可能な)」 だけは怖いです。間違えた道具の扱い方を行いそうで。あっしが、ケータイを嫌いなのはここいらへんの理由が強いです。たぶん。

>全体的に論点がずれてしまって~飛び火している模様です・・・・・・・。

論点がどうのとか難しいこと考えずにコメントしていただければ嬉しいです。あっしの文章なんか判り難い上に大概、同言反復してますから。その上、知らない内に話がすり替わっていることもありますし。ケータイ所持に関してですが、あっしも同意です。「使いこなせない道具」を「使える道具」として所持するのが義務になる ってのは戸惑いを覚えるというより、恐いです。あっしは。臆病者なので。それに義務にならざるを得ないなら、それなりの環境が無いと納得いきません。あっしの目から見れば、まだまだケータイは高すぎます。通話料とか、月額基本料とか。こういうのもなんとかして欲しい。いっそのこと通話の機能を省いた携帯を販売して、それに対する月額基本料とかパケット代とか安価に設定すればいいのに とかも思う。でも、あっしはケータイは嫌いです。嫌いですが、全ての民がケータイを所有、使用できる環境が作られるのであれば、ケータイ所有、またそれに依存する結果になったとしても仕方ないのかな とも思います。人とケータイが一対になるような環境が作られるのであれば。あっしは嫌ですがね。そういうの。本当の意味で何も知らなくても生きて行ける世の中になるのでしょうなあ。そういう世は。でも、共有の意識はほとんど無くなるかも知れません。まぁ、学校のテストにケータイを持ち込んで、検索を使って回答するような世の中 にならなければ、ケータイ依存も仕方ないのかも知れないっす。とは言え、日本の「楽」重視の考え方が海外に波及するのは非常によろしくないと思いますが。こんなところで、コメントの返信とさせていただきます。

追記:
職人気質な「達人の国 日本」は何処に行っちゃったんでしょうねえ。大工さんとか。今は少ないって聞いてますしねえ。
[PR]
by zetumu | 2005-02-10 16:54 | 一言いろいろ
<< お知らせ 高齢者介護の案もお願いします。 >>