感じ 変換

<NHK受信料>滞納者がカードで支払い可能に 規約を変更

クレジットカードで支払えるようにすると不払いが減るのだろうか。まあ、そんなことはどうでもいいんだけども。この記事であっしが気になったのは「受信料不払い者」を何故だか言い換えてるとこ。記事の書き方であって、気にすることはないのかも知らんが、「滞納者」ってのは嫌だ。とは言え、TVが置いてある家は例外を除いて、受信料を支払うのが義務であることを考えると的確とも言えるけど。不払い人に対して過去まで遡って受信料の支払いを請求するんだろうか。あっしの家は払ってるので構わないのだけれども。「不払い」を「未払い」に勝手に変換してはいないか みくの(現NHK)。まぁ、記事は毎日新聞が元らしいので、この書き方に みくの が関係してるとは言わんけども。受信料の不払い人に対して受信料の支払いを要求するのはわからないでもないのだけど、それには「受信料を払いたくなる放送局」であることが前提なのではないでせふか。繰り返しになりますが、あっしの家は受信料を払ってます。本来ならば受信料を支払っている方々は不払い者に対して、受信料の支払いを促すべきなのだろうけれども、そんな気にはなれません。大体、NHKでは無い みくの なんかに受信料を徴収する資格なんぞ無いと思いますし。こういう思いがあるから「滞納者」って言葉は物凄く引っ掛かる。最近この手の「感じ変更」が時々見られるのでこういうのが目に留まると必要以上に注視してしまう。合法ドラッグ→脱法ドラッグ とかもそうだけど。まぁ、これはまだ判るけど。不払い者→滞納者ってのは 嫌だ。・・・この記事だけに留まるとは思うけども。
[PR]
by zetumu | 2005-02-10 13:48 | 一言いろいろ
<< 高齢者介護の案もお願いします。 大人気ないなぁ >>