知財重視社会

一太郎判決 知財管理が大事な時代

こういう状況下で未だに「共有がどうの」とか言うのは、フィクションに逃避してるだけの駄目人間なんだろうか。やっぱり。あっしのことですけど。ところで、この特許侵害って本当にジャストシステムだけなんだろうか。違うような気がするのだけど。ヘルプに該当する項目をクリックすることによって、マウスの矢印が?マークに変化する。んで、それの?を各設定の上に合わせたり、クリックしたりすると該当する項目の説明が表示される。こういうの。他にもたくさんあると思うのだけど、こういうのは特許侵害にならんのかな。この特許自体、概要は分ってても、厳密には知らんので一概に侵害になるとは言えないのかも知れないけども。まあ、そこは知財戦略なんだろうなあ。自社の不利益にならなければ無視するのかも知れないし。でもね、こういうの弊害のが多いと思う。記事末にも書かれてるけれども、それだけで無しに目に見え難い弊害も多くあると思うっす。面倒なので過去記事のトラックバックは行いませんが。

追記:
「一太郎」判決の衝撃 (1/2) 機能そのものが どう と言うよりはマウスの絵が問題みたいですね。思わずへぇー と思ってしまいました。特許って難しいですねえ。とりあえず、↑に書いた内容は消さずにおきますのでご了承下さい。この記事見る前だったし。
[PR]
by zetumu | 2005-02-03 16:33 | 一言いろいろ
<< そんなに活躍してたのか 「期限」に頼ってるかな。 >>