理由を考える理由

地元に友達がいるとは限らない。

meaiyu様からいただいたTBに対してお返し♪

TBいただき嬉しく思います。

IT教育:メディアと子供・若者を考える BEAT

よろしければ↑のリンク先も読んでいただければと思います。
リンク先記事中の内容ですが、私としては大体同意です。携帯電話の利用頻度が高いほど、社交性が高い という傾向は確かにあると思います。この場合、携帯電話というより携帯メールですが。ただ、「質」より「量」で友を増やして、「量」から選択、選別して自身に合った「質」を取り出すような考え方は個人的には嫌いです。・・・こんなんだから、社交性無い と知り合いに揶揄されるのでしょうけれども。

でも、 こういう考え方もある と知っている分はともかく、実際にこういう考え方を基に生活するのは怖いような気がします。と、メール等を介して自分宛に連絡が無いと、「見捨てられた」ような気になるのではないかなと。常時頻繁に連絡を取り合っている相手であれば余計に。「選ばれる」って考え方を持つのは自身も相手を「選んでいる」という前提があるからだと思いますので。と、私個人は文通でのやりとりのが好きですね。いや、筆不精なので実際には行ってませんが。考え方として ということで。別段、封書等でなくても良いのですけど、一言、二言の文字列での「要約」されたコミュニュケーションでなく、便箋1枚分くらいのコミュニュケーションのが私は好きです。・・・私自身社交性が低い輩らしいので参考にせず単なる私見とお考え下さい。でも実際問題、「自身に合った質」を取り出し一言二言でコミュニュケーションをするってのは「薄くて浅い社交性」にしかならないのじゃあないかとも思う。ただ、一概にそうとも言えなくて、携帯を使いこなせてる方の場合、不足部分を補って余りあるほどに連絡を取り合い、「量」が「質」に勝る場合も多いのでしょうねえ。そう考えてくと、一概に「薄くて浅い」などとは言えないのですが。・・・でも何か引っ掛かる。

こういうのが因果関係を考慮しない外部情報に依存したネットワーク的世界観を生んでいる原因の一つであるような気もします。(リンク先参照。)これが良い悪いは別ですけど。何て言うか、自身で考えるので無く周囲にある様々な情報の中から情報を取捨選択し、回答にする 感じかなあ。上手く説明できませんが。データベースから必要な情報だけ取り出して回答にする感じ? むぅ。やっぱり上手く説明できてませんが。いや、取捨選択をする時点で「自身で考える」ことはしているのでしょうけれども、この「取捨選択」は「携帯の取捨選択」と同じ様な根を感じるのですが、どうでしょう。なんだろう。マークシートの問題とかみたいに「答え」が既にいくつか用意されてて、その中から自分に合った「答え」を選び正答としてしまうような感じなんかなぁ。理由から推測して正解を考えるってことに慣れてないようにも思える。・・・どちらにしてもそうそう正解なんて導き出せはしませんが。

でも、「取捨選択」を行う為の「概要」だけ理解してれば、正答を導きだせる とか考えている節はあるんじゃないかと。理由なんか必要無しに膨大な選択肢を予め用意しといてそこから、「概要」を用いて正答としてしまう。(造ってしまう?)そんな人間関係。・・・選択肢は友達なんだろうか。くどくどと同じこと繰り返し書いてるだけですが。私はこういうの嫌かなあ。・・・選ぶ立場になるのが嫌なんかな。特に選ばれたいとも思わんけども。これはこれで問題があるのだろうねぇ。携帯電話持っててもほとんど使わないし。メールの機能使えるようにしてないし。まあ私のことは置いておいて、原因とか理由を考えないで回答する ってのは何か色々問題がありそうな気がします。と、じゃあ理由とか原因を考える「理由」は何だろうとも思う。・・・情報の共有かなあ。最近こんなことばっか言ってますが。

「根」っこの「原因」の部分が考えられてない回答 ってのは「回答(結果)」→「理由」→「原因」と元に向かって考えていった場合に、「原因」まで辿り着けなかったり、見当違いの「原因」が導きだされたりするんじゃないかと。今の私の文章もそんな感じでしょうが。「原因」や「理由」を考える為には共有されてる情報が根底に無いと難しいわけで。まあ、情報を共有したい ってのは私の願いであって、そうあるべきだってのとはちょっと違いますが。私も外部情報に依存しないように注意せにゃならんですな。情報を鵜呑みにすることが多いですから。それに「選ぶ」とか「選ばれる」って考え方は情報の私有に結びつく考え方のような気がしますし。

meaiyu 様が言われている『親しき仲にも礼儀あり』の『礼儀』も情報の共有意識が根底にあるのではないかと思います。現社会のように情報の私有を好む傾向が続くと『礼儀』も失われていくような気がします。これは若者に限ったことでは無いです。情報の私有を好む傾向は社会に出ている方ほど強いと思います。『礼儀』が失われていくことを嘆きながら、情報の私有を好む不可解な悪循環。そういうのも少しはあると思うのですけど。私も含めてですが。情報の私有意識が問題になるのかならんのか とかよく考えてみる必要があるかも知らんです。こんなところで、TB返しとさせていただきます。相変わらず分り難いなあ。私の文章。

a0021311_9575635.gif


・・・余計に分り難いし。
[PR]
by zetumu | 2005-01-13 16:08 | 一言いろいろ
<< 勘繰ってみる。 そろそろ試してみようかな。 >>