なんか違うような気が

きれる子:文科省が検討会を設置 科学的に情動解明へ

こういうのを深く考えてみる ってのは悪くないと思うのだけど、なんか方向性が違いやしないか。最近、遺伝子がどうの血液型がどうの ってのが流行しとるみたいだけども。全否定はしないけれども、肯定もできない。細木数子の占いのようなもんっすねえ。あれって、統計学と自身の人道学(感)?っぽい物を併せて考えて導きだされた回答を相手に伝えてるだけに思えるし。いや、「だけ」ってほど簡単なことでは無いでしょうが。だから、まあ、占いの結果通りになる可能性は高いのかも知れないけれども、やっぱり定かではない。統計はあくまで統計だし、自身の主観も入るし。特定された原因に本当に問題があるのか。それだけが問題なのかって話しにもなる。なんとかしようとしているのはわかるのだけど、記事だけ読むとどうしても何だかなあって思ってしまうっすねえ。

追記:

細木氏に限って言えば、何か 見える ような素振りも見られますがそこいらへんは良くわかりません。
[PR]
by zetumu | 2005-01-11 15:39 | 一言いろいろ
<< めも 勧善懲悪とゲーム >>