「いけない」 とかでなく 

<エスカレーター>地下鉄駅で歩行禁止 名古屋市議会で論議
エスカレーター:歩行は是か非か論議呼ぶ 名古屋は禁止

最近ではあっしも混雑時は階段使うように心掛けてます。「エスカレーターは立ち止まって使うように作られている。」もっともです。急いでいるなら階段を使えばいいわけですから。耳が痛いです。あっしも未だに昇降に使うことが多々ありますので。ただ、最近はエスカレーター混雑時はなるべく避けてます。混雑時はエスカレーター停止もありえますし。昇降に使ってると。ちなみに経験者談です。立川で。記事中、稲本和仁市議(自民)が言われたとされているセリフ。「右側1列を空けるのが慣例なのに、なぜ突然歩行を禁止したのか」。慣例 って。わかるような気もしますが、慣例 ってのはちょっと。そういう考え方が歩行禁止に繋がったんじゃあないかと思うっす。「右空け通行がなぜいけないのか」。べつに右空け通行が駄目だとはあっしは思いません。「右空け通行」を嫌ってる方の中にもその恩恵を受けてる方はおられるでしょうし。ただ、「右空け通行が当然」って考え方があっしは嫌いです。基を「右空け通行」にしないで欲しい。と思います。エスカレーター混雑時とか右が空いているエスカレーターを見て「慣例」と受け取るか、「右を譲ってもらっている」と受け取るか。あっしは後者の意識こそが大切なんじゃあないかと思うっす。で、現実的には後者の意識を持ってる人が少なく、前者の意識を持ってる人があまりに多く、「右を譲ってもらっている」という意識づけをし難い状況であることから、「歩行禁止」に踏み切って、そういう意識づけをしようとしたんでしょうねえ。至極個人的に「禁止」に関しては慣れっこなので文句は無いのですが、稲本和仁市議のように納得行かない方が大半だと思います。わからなくは無いです。「即刻禁止」は性急だと思いますし。ではどうするかその方策を市議には考えてもらいたいものです。結構前から考えてますが良い案が生まれないので。あっしでは。まず、やるべきことは【エスカレーター歩行中に前の人が止まっていた場合に、いらいらすることなく立ち止まることができるように意識づける】ことかな。その方策を市議には期待したいです。
[PR]
by zetumu | 2004-12-24 14:45 | 一言いろいろ
<< 増えてきたねえ携帯ウイルス 体罰よりも むしろ・・・ >>