いや、いや、待て 待て

IT教育:先生がITを知らなくてもいい

こんな意識で授業しとるんか。最近の学校の先生方は。いや、これを先生全てに当てはめるのは偏見でしょうが。突っ込みどころが多いなあ。一つどうしても許容できないのは、鉛筆や消しゴムと同等の道具としてPCを捉えてるってとこかな。鉛筆や消しゴム等と同等のレベルでPCに依存するのはあっしは嫌です。

追記:

「先生がITを知らなくてもいい」っていうのは「生徒がITを知っていれば必ずしも先生が知ってる必要はない」ってことなんですよね。きっと。・・・と、今、生徒である子供さん方が成人して社会に出た時、その時、先生方はどうするんでしょうか。鉛筆や消しゴムと同等にPCを扱う新社会人。その中にあって、「ITを知らなくてもいい」と思われている先生方がどう社会と接して行くのか気になります。いや、「大人な方もITを知る必要がある」とかそんなことが言いたいんじゃなくて、現行の生徒さんをPCづけにして育てた場合、後に大変な苦労を負うのは今「ITを知らなくてもいい」と思われている大人な方達なんじゃあないかと。そう思うわけです。別に今の大人の為に「PC離れ」をする必要は一切ありませんが、PCに依存する形で育ってくのは少し問題を感じますですよ。あっしは。
[PR]
by zetumu | 2004-12-22 11:47 | 一言いろいろ
<< これも理由がわからん 情報の私有 とか原因かも >>