データが全てではありません

社説2 正しく恐れたい治安の悪化(11/8)
犯罪者の更生 塀の中は社会を映す鏡

記事の意見に同意です。あっしも「体感治安の悪化」は否定できないと思います。また「犯人の検挙率」と「治安の悪化」にはなんら繋がりが無いと思います。無い って言い切るのもちょっとおかしいですが、「検挙率の低い高い」が問題ではなくて、「犯人」が存在していること自体が問題なのではないかと思いますです。だと、例え検挙率が向上してるのだとしても、検挙率が向上しているということはそれだけ「犯人」が存在しているということになるのではないかと。これでは検挙率を見て「治安悪化」を考えるのには無理があると思うのです。犯罪被害に関しても、警察に訴えないだけで、実際には増加しているとあっしなんかは考えます。民事で解決している内容まで調べているのでしょうか。そこいらへん不明です。ある視点から捉えた場合に「この4年で犯罪被害の増加は認められなかった」というのも事実だけれども、全てではなくて、事実の一部であると考える必要があると思う。で、「体感治安の悪化」も事実の一部。事実の一部から自身で判断し「治安の悪化を正しく恐れる」必要があるとあっしは思うっす。
[PR]
by zetumu | 2004-11-08 15:39 | 一言いろいろ
<< この辞書はおもしろい! クリエイターの思いの一部です。 >>