服と楽

【服装と気配りの関係について考える】

あざらしサラダ様のブログの話題です。
内容とは若干離れるかもしれないですが、
「服」について何か色々思い浮かんだので書いてみます。
コメントにしようかとも思ったのですが、なんか非常に真面目な内容になってて、
あっしなんかが書き込むのは場違いな気がしてしまったので
トラックバックしてみます。
内容も対してないですし。非常に抽象的ですし。

服装に関して思い浮かんだこと

その人物を知る為の指標にしてしまうから、
また、し易いから服装に拘るんじゃないかな?
それは自身にとっても同じことで
その時々の自身の感情の変化を服を指標として捉えているんじゃないかな?
で、誰かが場違いな服装で同じ場所にいると
その時々の自身を認識する為に用いている指標に疑いが生じて混乱するんじゃないかな?
で、その指標を崩されたくないから、相手に対しての反感が生まれるんじゃないかな?

・・・・何だか「楽」する為に「服」を着ているような気がするなあ。
自身にとっても、他者にとっても。
自身を相手を捉えるのに、目印があればやっぱり楽だもん。
ただね、自分も「服」着て楽しているのに
ある場面でだけ「楽」を捨てるってのは自分勝手なのかもしれないですね。
自身にとっての「楽」が失われるのは、まあいいとして
同時に相手の「楽」も奪ってるわけですから。
そこいらへんは考慮してしかるべきなのかもしれないですね。
都合の良い時は「楽」を受け入れて
都合の悪い時だけ「楽」を捨てるってのは自分勝手だと思いますですよ。
あっしは。
その場面、その場面の「楽」を考える必要があるかも知れないですね。
まあ、初めから「楽」に浸ってない人は別かもしれないですけど。
皆様も服。着てますよね?
[PR]
by zetumu | 2004-09-15 12:34 | 一言いろいろ
<< 大々的に取り上げるべきではない... 効果なし 話題です。 >>